化粧水と美容液の違いとは?

化粧水と美容液の違いは、どこにあるのとかというと、肌に栄養を与えるのが化粧水であり、肌を保湿して美白効果をもたらしてくれるのが美容液ということになります。化粧水は、ほとんど水でできていて、栄養の入った水と言った感じです。保湿成分ももちろん入っているのですが、それほど保湿力はありません。そのため、化粧水をたくさん塗っても、そのままにしていてはすぐに乾燥してしまいます。化粧水は、肌に栄養を与えるものであるので、肌に良い成分が入ったものを選ぶ必要があります。ビタミンC誘導体入りの化粧水を使用すれば、シミを薄くして、老化を遅くすることができます。美容液は、化粧下地変わりになり、化粧水とは違い、強力な保湿成分が含まれています。潤いが長持ちする効果があるので、化粧持ちが良くなります。美容液は、肌をキレイに保つ効果があり、保湿成分や美白成分が多く含まれています。強力な保湿力があるので、化粧水よりも値段が高くなっています。美容液は保湿ができて栄養もとれるので化粧水はいらないと指摘する人もいますが、肌に栄養を与えることができるので、化粧水を使用してから美容液を使用するのがベストです。

オーガニック化粧品