目元のしわは何歳くらいから目立ち始める?

目元のしわは何歳くらいから目立ち始めるのでしょう。これは女性にとって気になるところですが、早い人では、20代後半くらいから目立ち始めます。平均的には、35歳あたりから目元のしわが目立ち始めます。女性の場合、産後は一気に肌が老化するので、年齢に関係なく気をつけないといけません。30代に入ると新陳代謝のスピードが遅くなり、細胞の入れ替わりが少なくなってくるので、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの弾力成分が減少します。顔の表情筋も衰えてくるので、目元のしわができやすくなります。表情や乾燥によるしわが深くなってきて、30代半ばになると目尻にカラスの足跡が現れる人が急増します。目元のしわは、保湿することである程度、防ぐことができます。大事なのは、洗い過ぎないことで刺激しないことです。そしてしっかり保湿することです。メイクや汚れを落とす時は、必要最低限の洗浄力のアイテムを使い、朝の洗顔はぬるま湯だけで済ますことです。保湿する時は目元専用のクリームをしっかり塗るようにし、アイメイクは最低限にとどめます。とにかく乾燥させないことが大事で、アイクリームで保湿には十分気をつけましょう。

目元のしわ予防